top of page
IMG_1013_edited.jpg
無事終了いたしました!ご参加くださいました皆様、ご来場くださいました皆様、ピアニストの船本さん、サックスの蓼沼さん、司会の野村さん、スタッフの皆様本当にありがとうございました!

2024年1月13日(土) 開催

第1回 荻原明門下生による トランペット発表会

スクリーンショット 2023-01-26 9.17.38.png

従来の流れ作業的発表会ではないステージを。

2024年1月、自身初の荻原門下生発表会を開催いたします。

​音楽大学、音楽教室、外部レッスンなど、音楽やトランペットを通して関わりのある皆さんが一同に集まり、楽しいトランペットのステージを作りたいと考えております。

​以前より流れ作業のようにステージに順番に上がり演奏して終わり、という従来の発表会スタイルがどうしても納得できず、もっとコンサートと同じように客席と出演者それぞれが楽しく、距離の近いものになり、そして出演者同士がこの発表会で音楽仲間として交流を持てるような、そんな空間にしたいと思っています。

ですので、この発表会では、演奏の場を求めている方や他の奏者と交流を深めたい方どなたでも参加できるエントリー条件を設けました。チャレンジしてみませんか?

荻原明門下生発表会1のコピー.png

開催日2024年1月13日(土)13:00開演(20:30頃までに終演予定)

12:50頃より​ご挨拶や司会者、ピアニストのご紹介をいたします。


​会場としま区民センター 小ホール(6F)

入場料:無料


エントリー資格:

音楽教室(体験レッスン含む)、ツキイチレッスン、ツキイチアンサンブル、オンラインレッスン、特別レッスン、部活指導、一般団体指導などで荻原にレッスンを受けたことがある方と、当発表会に出演するためにレッスンを受講する方が対象です。当発表会には複数の部門があります。部門ごとのエントリー条件は以下掲載の各部門詳細を参照してください。

エントリー料金(出演料): 10,000円(税込)

※当発表会に参加するための料金です。複数部門に参加しても金額は変わりません。その他の料金に関しては以下に掲載している各部門詳細を参照してください。

※レッスン受講料等も含め、支払いは原則BASE(オンライン支払い)でお願いします。

※アンサンブル部門Bで2名以上で参加される場合、代表者のみエントリーの手続きを行なってください。

※アンサンブル部門Cは団体としてのエントリーです。代表者のみエントリーの手続きを行なってください。

エントリー期間 : 2023年9月15日(金)10:00 〜 2023年10月15日(日)23:59(予定)

※各部門定員に達しましたら期間内であっても締切る可能性がございます

※エントリー後の諸連絡は主にGmailを利用してのやりとりになります。理由が定かではないのですが、こちらのメールアドレスが迷惑メールフォルダに入ることが多いため、お手数ですがメールアドレスの登録や迷惑メールフォルダ内の確認等ご協力をお願い致します。

キャンセル、変更について

原則として一度お申し込みいただいた内容のキャンセル、変更、返金はできません(他部門への追加参加は可能です)。ただし、ソロB(カラオケ音源)からソロA(ピアノとの共演)の変更、もしくはアンサンブルB(荻原と2重奏など)への変更は早い段階であれば可能な場合もございます(ピアニストを依頼する場合は別途その分のお支払をお願いいたします)。

レッスン当日や発表会当日に欠席、遅刻(早退)された場合も、その理由を問わず返金はできません。ただし、レッスンに関しては可能な範囲で振替などのご提案、本番の場合も可能な範囲で出演順を変更するなどの調整はさせていただきます。

img_01.jpg
img_detail_02_01.jpg
会場のとしま区民センター小ホール(としま区民センターオフィシャルサイトより)
334798039_146335604990996_2943933478860883902_n.jpg

司会進行:野村たかし Takashi Nomura

 

1975年兵庫県尼崎市生まれ。

音楽家を目指して1993年大阪音楽大学入学。1997年同大学を卒業後俳優の道へ。

1999年TVドラマ『L×I×V×E』で俳優デビュー。翌年、行定勲監督『閉じる日』でスクリーンデビュー。

その後数々の映画やドラマの出演を重ね、近年ではNHK大河ドラマ『西郷どん』『麒麟がくる』、映画『今夜、ロマンス劇場で』『スパイの妻』『異動辞令は音楽隊!』などに出演。2024年1月より放送開始のTBS日曜劇場「さよならマエストロ ~父と私のアパッシオナート~」に出演。

映像作品を中心にバイプレイヤーとして活躍中。

野村たかしプロフィール(CESオフィシャルサイト)

funamoto01.jpg

ピアノ:船本貴美子 Kimiko Funamoto

 

東京音楽大学ピアノ科及び器楽伴奏研究科修了。

ソリストとしてオーケストラや国内外の演奏家との共演・コンサートツアー同行など、日本を拠点とし海外においても充実した演奏実績を誇る。色彩豊かで情熱的な演奏と、その柔軟な感性に、国内外の共演者からの厚い信頼を得ている。室内楽やピアノデュオでの国内、国際コンクールでも多数優勝し、ソロ、ピアノデュオ、室内楽などCDが5枚リリース。2006・7年、プラハ国際室内楽アカデミー(チェコ)で、また2008年からはチェンバーアートフェスティヴァル(スペイン)にてピアニストを務めている。

プラハ短期留学後、チェコフィルハーモニー管弦楽団主催の室内楽コンサートでピアニストを務め、その後は日本、ヨーロッパやアメリカ、香港など各地で演奏、現在に至り、各地後進の指導にもあたる。

山野楽器YMS吉祥寺講師。プレスト音楽教室講師。ピッコラードトリオ、DUO Piano&Percussion DPPメンバー。

 

これまでに、ピアノを関根有子氏、ピアノデュオを児玉幸子氏(故)、室内楽を御邊典一、広瀬宣行、迫昭嘉、フランティシェク・マリーの各氏に師事。

tadenuma02.JPEG

​ゲスト演奏

サクソフォン:蓼沼雅紀 Masaki Tadenuma

 

東京音楽大学付属高等学校を経て東京音楽大学卒業。在学時、特待奨学金を得る。

ヤマハ新人演奏会、日本サクソフォーン協会新人演奏会、東京音楽大学新人演奏会に出演。

JILA音楽コンクール室内楽部門第1位。第28回日本管打楽器コンクール入選。ソロアルバム『The Moment』、『TADENIZE』をリリース。

2019年にはアメリカ・インディアナ大学に招かれ、マスタークラスとソロリサイタルを開催し好評を博すとともに、3枚目となるCDを同大学教授オーティス・マーフィー氏と共作した。

替え指の使用法を中心とした練習曲集「サクソフォーン運指のマジカル・エチュード」監修。

 

東京音楽大学、および付属高等学校講師。

TADEMON.jpeg

​ゲスト演奏:

スペシャルサクソフォーンアンサンブル “TADEMON"  from 東京音楽大学 吹奏楽アカデミー

 

創設5年目の東京音楽大学吹奏楽アカデミー専攻サクソフォーン科によるアンサンブル。

 

メンバー全員が東京音楽大学講師である蓼沼雅紀先生の門下である事から通称【たで門】と呼ばれている。

 

楽しく演奏することを大切に、日々アンサンブルに取り組んでおり、代官山にて行われた春花祭や、介護施設での演奏、本学のオープンキャンパスでランチタイムコンサート、目黒リバーサイドフェスティバルで演奏会を行うなど積極的に活動している。

2023年2月には初の学外演奏会、東京音楽大学吹奏楽アカデミー専攻サクソフォーン科 第1回定期演奏会を開催した。

各々の活動にも精力的で、演奏会への出演や部活動指導など、活動の場を拡げている。

ゲスト演奏、特別演奏プログラム (19:00開始予定)

蓼沼雅紀氏ソロステージ(pf.船本貴美子)

 モリコーネ・パラダイス/E.モリコーネ 作曲(真島俊夫 編曲)

 ブラボー・サックス!/星出尚志 作曲

サックスアンサンブルステージ(蓼沼雅紀+TADEMONによる6重奏)

 彼方の光/村松崇継 作曲(蓼沼雅紀 編曲)

 宝島/和泉宏隆 作曲(蓼沼雅紀 編曲)

サクソフォーン&トランペットステージ(蓼沼雅紀+荻原明+Pf.船本貴美子)

 木星のファンタジー/伊藤康英 作曲

 Trumpet Loveletter石川亮太 作曲

発表会曲SNS掲載用.numbers.png
発表会曲SNS掲載用2.numbers.png
【各部門条件達成のためのレッスンは以下の日程よりお選びください】
 
※アンサンブル部門B,Cで人数が5名以上の団体は10月14日、11月12日、26日、12月17日にお申込みください。

[10月]
10月1日(日)10:00-21:00(最大4名まで同時受講可)終了
10月7日(土)19:00-21:00(最大4名まで同時受講可)
10月8日(日)14:00-21:00(最大4名まで同時受講可)
完売
10月14日(土)10:00-12:00(最大14名まで同時受講可※)完売
10月21日(土)14:00-21:00(最大4名まで同時受講可)完売

[11月]
11月11日(土)19:00-21:00(最大4名まで同時受講可)完売
11月12日(日)16:30-21:30(最大14名まで同時受講可※)完売
11月23日(木祝)10:00-16:00(最大4名まで同時受講可)
完売
11月26日(日)19:00-21:00(最大9名まで同時受講可※)完売
[12月]
12月10日(日)14:00-21:00(最大4名まで同時受講可)完売
12月16日(土)19:00-21:00(最大4名まで同時受講可)完売
12月17日(日)10:00-14:00(最大14名まで同時受講可※)
12月24日(日)14:00-21:00(最大4名まで同時受講可)
[2024年1月]
1月7日(日)14:00-20:00(4名までのグループ受講可)完売
1月8日(月祝)19:00-21:00(9名までのグループ受講可完売
1月12日(金)14:00-20:00(4名までのグループ受講可)
公開リハーサル+ステージマナー講習会(ソロ部門A参加者対象※)

12月17日(日)16:00-18:00/18:00-20:00 各6〜8名(6〜8団体)ずつを予定

※アンサンブル部門Bでピアノを船本先生に依頼されている方も参加対象です。
※ソロ部門Bの希望者も参加できます。
※会場は池袋駅近くです
詳細はこちらをご覧ください

​アンサンブル部門A練習日

第1回目:11月12日(日)14:00-16:00

第2回目:12月17日(日)14:00-16:00

第3回目:2024年1月8日(月祝)14:00-16:00

※会場はすべて池袋駅下車近く(3回目も池袋ですが会場が変わります)

ソロ部門 A(ピアノとの共演)

素晴らしいピアニストと共演すると、自分の演奏能力がこんなに高かったんだ、と感じることと思います。ぜひ一度はトランペットソロをピアノと共演する経験をしていただきたいです。

 

今回ピアノを担当してくださるのは、キャリアも音楽性も素晴らしい船本貴美子先生です!

なお、お知り合いのピアニストがいらっしゃる場合、ご一緒にエントリーしていただくことも可能です。

[ソロ部門 A 概要]
 

持ち時間:1ステージ10分以内(予定)

※入退場等演奏以外の時間も含むため、演奏時間はおよそ7分程度と考えてください。

※時間内でしたら複数曲可、ジャンルは問いません。

定員:最大15名程度
※他部門のエントリー状況により定員が変化します。のエントリー状況により定員が変化します。

 

エントリー条件

条件1個人レッスンの受講(10月以降に最低2回

10月~1月(発表会前まで)の間に最低2回の、発表会に向けた荻原の個人レッスンを受講していただきます。音楽教室の生徒さんは定期レッスンを受けているのでこの限りではありません。

​個人レッスンは原則として毎月複数回開催している「ツキイチレッスン」への参加をお願いします。ツキイチレッスンの詳細やお申し込みについてはBASEにて承ります。なお、ツキイチレッスンは1ヶ月に3〜4回、土曜か日曜、もしくは祝日に開催します。

10月以降のレッスン時にはすでに発表会の曲が決まっていて、ある程度通せる状態になっていることが理想です。特に、10月以降のレッスン時に曲決めをすることは避けたいので、曲決めのためのレッスンを10月よりも前、できるだけ早い事前に受講するか、メールなど何らかの方法で事前に相談、決定をしていただくことが理想です。曲決めに関するご相談はエントリー前でも可能ですので、お気軽にお問合せください。お問合せフォームはこちらです

※もし可能であれば10月より前のできるだけ早めの時期に曲の完成イメージや具体的な練習方法やそれに必要なテクニックの習得方法、本番までの練習スケジュールなどを確認するレッスンにぜひいらしてください。こちらに関しても毎月複数回の単発受講ができる「ツキイチレッスン」を開催しておりますのでぜひご参加ください。こちらはエントリー条件ではなく、ご提案です。

​※どうしても10月〜1月(発表会前まで)の期間にレッスンを2回受講することが難しい場合、同日に120分レッスンを1回、もしくは10月より前に1回受講しても結構ですが、できるだけそれは避けていただくようお願いします。

​※1月の発表会前までの土日祝は6,7,8日しかなく、この3日間でツキイチレッスンが実施できるか未定です(10月11日以降にわかります)。したがいまして、実質的に10月から12月までの3ヶ月間の中でレッスンを2回以上受講すると考えておくとよろしいかと思います。早め早めのスケジュール調整をお願い致します。

条件2ピアノ合わせの参加(12月開催:公開リハーサル+ステージマナー講習会)

「条件1」の個人レッスンとは別にピアニスト、船本貴美子先生との合わせを最低1回受けていただきます。原則として、12月開催の公開リハーサルにご参加いただきます。詳細は下記をご覧ください。

※ピアニストをご自身でどなたかに依頼、ご同伴される場合は、「条件1」のレッスン2回(以上)のうち最低1回ピアニストとご参加していただくことが条件になります。なお、ピアノは会場の都合で電子ピアノになる可能性もございますこと、予めご了承ください。

公開リハ

条件2:公開リハーサル+ステージマナー講習会について(2023年12月17日(日)16:00-18:00/18:00-20:00を予定)
 

[開催日]
2023年12月17日(日)16:00-18:00/18:00-20:00予定(最長21:00まで延長の可能性あり)
​会場:池袋駅近く
参加対象]
ソロAとアンサンブル部門Bでピアノを船本先生に依頼されている方が対象で、ピアニストをご同伴される方やソロ部門Bの希望者も参加できます。
エントリー人数によって変動しますが、現時点では2時間ごとに各6名〜8名(6〜8団体)の入れ替えで、持ち時間は1名(1団体)15〜20分です。そのため、人数が多い場合2回に分けて開催します。
※同日20:00-21:00にクローズドなピアノ合わせを予定しておりますが、公開リハを最優先するため、実施できない可能性もあります。ご了承ください。


[公開リハーサルとは]

みなさんの前でおひとりずつピアノと合わせをし、荻原と船本先生からアドバイスをいたします。併せて、ステージ上での立ち振る舞い、いわゆる「ステージマナー」に関してのレクチャーも行います。
公開リハーサルにすることで、受講する側、聴講する側両方の視点から個人レッ
スンでは見落としていた様々な気付きを得ることができます。「本番前に演奏を聴かれるのは抵抗がある」と思う方もいらっしゃるかもしれませんが、結局は発表会で演奏するわけですから、本番でバッチリ演奏するためにも、この講習会を経験してください。


公開リハーサルは参加人数が多い場合入れ替わり制で2回に分けます。一応希望の時間帯をお聞きしますが、偏りがないようにしたいので最終的にはこちらで参加時間を決定させていただきます。

 

ピアニスト同伴で発表会に参加する方や、カラオケ音源による参加(ソロの部B)の方も発表会前に一度人前で演奏しておきたい、ステージマナーを学びたいという方のご参加も大歓迎です。
なお、時間的な問題でどうしても公開リハーサルに参加できない方は、同日20:00-21:00にクロー
ズド(個人レッスン形式)のピアノ合わせを実施いたしますが、公開リハーサルを最優先させていただきますため、エントリー時にクローズドの合わせを希望されても、公開リハーサルに参加していただくことになる可能性が十分にあることをご了承ください。(おひとり15〜20分。参加人数によって時間が増減します)。

従いまして、ソロの部Aにご参加を希望される場合、いずれの場合もこちらの開催日も必ず参加できるようにスケジュールの調整をお願いすることになります。どうしても日程が場合は別途相談の上調整をさせていただきますが、それにかかる練習場代等の費用をご負担いただく可能性もございます。ご了承ください。

funamoto01.jpg

ピアノ:船本貴美子 Kimiko Funamoto

 

東京音楽大学ピアノ科及び器楽伴奏研究科修了。

ソリストとしてオーケストラや国内外の演奏家との共演・コンサートツアー同行など、日本を拠点とし海外においても充実した演奏実績を誇る。色彩豊かで情熱的な演奏と、その柔軟な感性に、国内外の共演者からの厚い信頼を得ている。室内楽やピアノデュオでの国内、国際コンクールでも多数優勝し、ソロ、ピアノデュオ、室内楽などCDが5枚リリース。2006・7年、プラハ国際室内楽アカデミー(チェコ)で、また2008年からはチェンバーアートフェスティヴァル(スペイン)にてピアニストを務めている。

プラハ短期留学後、チェコフィルハーモニー管弦楽団主催の室内楽コンサートでピアニストを務め、その後は日本、ヨーロッパやアメリカ、香港など各地で演奏、現在に至り、各地後進の指導にもあたる。

山野楽器YMS吉祥寺講師。プレスト音楽教室講師。ピッコラードトリオ、DUO Piano&Percussion DPPメンバー。

 

これまでに、ピアノを関根有子氏、ピアノデュオを児玉幸子氏(故)、室内楽を御邊典一、広瀬宣行、迫昭嘉、フランティシェク・マリーの各氏に師事。

料金:

発表会エントリー料 10,000円(税込)

個人レッスン受講料(エントリー条件1) 1回1時間 6,600円(税込)を最低2回

ピアニスト共演料(エントリー条件2) 8,800円(税込)

ピアニスト​ご同伴でのステージマナー講習会+ピアノ合わせへの参加の場合 3,300円


※​発表会エントリー料は複数の部門に参加しても同額です。

※発表会エントリー時に部門の選択とピアニスト依頼/同伴等も選択いただき、合わせてお支払いいただきます。

​※エントリー条件1の個人レッスンは原則「ツキイチレッスン」へのご参加をお願いします。こちらはエントリーとは別途、参加者ご自身で受講日時を決定していただき、BASEにてお申し込みしていただきます

※エントリー条件2のためのピアニスト共演料は​公開リハ参加も、クローズドな合わせも同額です。また、参加者ご自身でピアニストを同伴される場合、エントリー条件2のピアニスト共演料は必要ありません。

※ピアニスト同伴でステージマナー講習会+公開ピアノ合わせにご参加できます。その際は参加費3,300円(税込)をお願いします。

※お申し込み時のご注意(2023.09.11変更)
ソロ部門Aとアンサンブル部門Bの2つに参加をお考えで、両方を船本先生にご依頼される場合、お申し込みページの「エントリー部門1つ目(選択必須)」では「ソロの部A:ピアニストを船本先生に依頼(公開リハに参加)¥8,800」を選択し、「エントリー部門2つ目」でも「アンサンブ
ルの部B(ピアノを船本先生に依頼、公開リハに参加)¥8,800」を選択してください、船本先生への謝礼は部門ごとにお支払いいただきます。

ソロ部門 B(カラオケ音源で演奏)
ソロB部門写真.jpg

荻原のレッスン内容は生徒さんそれぞれがチャレンジしたいことをできるだけ叶えられるように心がけているため、CD音源が付属している楽譜を使用してソロを楽しんでいる方も多くいらっしゃいます。そうした方にも気軽に発表会に参加できるよう、カラオケ音源によるソロステージ部門もご用意しました。

[ソロ部門 B 概要]
 

持ち時間:1ステージ10分以内(予定)

※入退場等演奏以外の時間も含むため、演奏時間はおよそ7分程度と考えてください。

※時間内でしたら複数曲可、ジャンルは問いません。

定員:最大10名程度
​※他部門のエントリー状況により定員が変化します。
 

エントリー条件

条件個人レッスンの受講(10月以降に最低2回)

10月~1月(発表会前まで)の間に最低2回の、発表会に向けた荻原の個人レッスンを受講していただきます。音楽教室の生徒さんは定期レッスンを受けているのでこの限りではありません

​個人レッスンは原則として毎月複数回開催している「ツキイチレッスン」への参加をお願いします。ツキイチレッスンの詳細やお申し込みについてはBASEにて承りますなお、ツキイチレッスンは1ヶ月に3〜4回、土曜か日曜、もしくは祝日に開催します。

10月以降のレッスン時にはすでに発表会の曲が決まっていて、ある程度通せる状態になっていることが理想です。特に、レッスン時に曲決めをすることは避けたいので、曲決めのためのレッスンを10月よりも前、できるだけ早い事前に受講するか、メールなど何らかの方法で事前に相談、決定をしていただくことが理想です。曲決めに関するご相談はエントリー前でも可能ですので、お気軽にお問合せください。お問合せフォームはこちらです

※もし可能であれば10月より前のできるだけ早めの時期に曲の完成イメージや具体的な練習方法やそれに必要なテクニックの習得方法、本番までの練習スケジュールなどを確認するレッスンにぜひいらしてください。毎月複数回の単発受講ができる「ツキイチレッスン」を開催しております。詳しくはこちら。こちらはエントリー条件ではなく、ご提案です。

​※どうしてもこの期間に2回受講することが難しい場合、同日に120分レッスンを1回、もしくは10月より前に1回受講しても結構ですが、できるだけそれは避けていただくようお願いします。

​※1月の発表会前までの土日祝は6,7,8日しかなく、この3日間でツキイチレッスンが実施できるか未定です(10月11日以降にわかります)。したがいまして、実質的に10月から12月までの3ヶ月間の中でレッスンを2回以上受講すると考えておくとよろしいかと思います。早め早めのスケジュール調整をお願い致します。

《参考演奏:カラオケ音源と合わせるとこのような雰囲気になります》

以下の動画は以前私が楽譜に添付されていた音源に合わせてレコーディングしたものです。この他にもこちらのリンク先にありますYouTubeの「演奏してみた動画」プレイリストにいくつか掲載しておりますので、お聴きください。このプレイリストに掲載している音源は持っていますので、発表会で利用することも可能です。

ご注意:ご紹介したプレイリスト内の「世界の約束」「フリージア」「Friday Night Fantasy」「ねこバス(パイプオルガンとの演奏)」「アルチュニアン作曲トランペット協奏曲」「ハトと少年(パイプオルガンとの演奏)」「いつかのハッピーバースデー」は市販の音源ではないたいめ、対象外です。ただし、それらの中でピアノ伴奏で演奏できる楽譜が存在している楽曲もあります。

ソロの部 Bに関する注意点
 

発表会の会場ではカラオケボックスなどにある機器はご用意できません。原則として販売されている楽譜に付属しているCD音源を使用することになります。上記プレイリストの音源は荻原が楽譜とCDを所有しておりますので、ご利用いただくことが可能です。その他の作品を演奏される場合、まずは楽譜やCDをご自身で探していただければと思います(購入等にかかる費用は参加者負担)。
YouTube上にある音源(ユーザーによるフリー利用の提案があっても)、元が楽譜に付属されたCDだったとしてもそれをコピーやダウンロードした音源データは使用できません。必ず購入したものを使用してください。
楽譜と音源を別々に揃えた場合、演奏サイズや調性などが異なる場合があります。それらに関する調整は可能な限りご自身で解決した上でご持参いいただくようお願い致しますが、そもそもこの方法はおすすめしません。

ご不明な点はお問合せフォームよりお願いいたします。​
 

本番当日の午前にリハーサルを兼ねた再生チェックを致しますので、こちらには必ずご参加いただきます。本番も含め、カラオケ音源再生に不具合があった場合の責任は負いかねます。

本番はできるだけ演奏に支障がないようにスピーカー位置や音量など配慮しますが、専門の音響スタッフがいるわけではありませんので、ご了承ください。また、演奏用マイクなどは使用できません。

料金:

発表会エントリー料 10,000円(税込)

個人レッスン受講料(エントリー条件1) 1回1時間 6,600円(税込)を最低2回

ステージマナー講習会+公開合わせへの参加 3,300円(希望者のみ)


※​発表会エントリー料は複数の部門に参加しても同額です。

※発表会エントリー時に部門の選択とステージマナー講習会+公開ピアノ合わせにご参加の有無を選択してください。詳細はこちら

​※エントリー条件の個人レッスンは原則「ツキイチレッスン」へのご参加をお願いします。こちらは別途参加者ご自身で受講日時を決定していただき、BASEにてお申し込みしていただきます。

アンサンブル部門 A(個人エントリーのメンバーによる合奏)
アンサンブルA部門写真.jpeg

現在も「ツキイチアンサンブル」という企画を1ヶ月に1回開催しておりますが、ステージでトランペットアンサンブルを演奏したい!と感じる方も多いと思います。この部門ではそうした方を募集し、個人エントリーで集まった発表会特別メンバーで演奏を披露します。

[アンサンブル部門 A 概要]
 

員:最大10名

※2名以上のエントリーで開催決定。荻原も演奏に参加します。
 

エントリー条件

条件合奏練習の参加(全3回​中最低2回参加のこと

11月,12月,1月(発表会前まで)に毎月1回開催します発表会に向けた合奏練習​(土日祝のいずれかに開催)に参加していただきます。最低でも2回は必ず参加してください。

※エントリー申込時に3回分の合奏練習参加費10,000円(税込)を合わせてお支払いいただきます。オプション欄から「アンサンブル部門A」を選択してください。なお、練習に欠席され2回の参加であっても参加費は変わりません。

​アンサンブル部門Aの練習日​

第1回目:11月12日(日)14:00-16:00

第2回目:12月17日(日)14:00-16:00

第3回目:2024年1月8日(月祝)14:00-16:00

※会場はすべて池袋駅下車近くです(3回目も池袋ですが会場が変わります)

条件2:事前譜読み(事前練習のお願い)

合奏レッスン開始までにある程度ご自身で譜読みや個人練習の準備ができ、初回合奏練習時に(ご自身のレベルの範囲内で)曲の最後まで到達できる方。

楽曲を完璧に演奏するという意味ではありません。演奏開始をしてから曲の最後まで楽譜を目で追うことができ、かつ(断片的にであっても構わないので)音を出し続けることができるという意味です。

※ひとりで練習するだけでは不安な方は毎月開催しておりますツキイチレッスンへのご参加もご検討ください。​ツキイチレッスンの詳細やお申し込みについてはBASEにて承ります

アンサンブル14-20230923.png

アンサンブル曲体験会 を9月23日(土祝)に開催します
アンサンブル部門Aで演奏予定の3曲(以下に掲載)を体験できます。試演会なので、エントリーとは関係なくどなたでもお気軽にご参加できます。音を出してみて楽しそうでしたらぜひ発表会にもご参加ください!
​お申し込みは以下のボタンからお願い致します。

演奏予定曲目:
 

1.地域祝祭展覧会のためのファンファーレ[4重奏]/A.ドヴォルザーク
 

2.Spinning Song(紡ぎ歌)[4重奏]/A.エルメンライヒ
 

3.川の流れのように[5重奏+pf.]/見岳章(岩田恵子編曲)
 

※演奏曲目はエントリー人数が多い場合、曲数を増やしてメンバーを分けるか、同じパートを複数名で交代するなどして演奏する場合も考えています。また、最大人数になった場合は大きな編成の作品を追加することも視野にいれております。
※できるだけ希望のパートになるように心がけますが、最終的には荻原の判断でパート割りを行います。楽曲によって担当パートを変える予定です。

​※楽譜はエントリー締め切り後に原則データにてお送りいたします。

​※お一人で1パート担当することが不安な場合はご自身の意思を尊重しつつ、必要(ご希望)であれば荻原や音大生によるサポートを検討いたしますのでご安心ください。
※「川の流れのように」のピアノはソロ部門で演奏してくださる船本貴美子先生にお願いします。

※動画のリンクは当発表会とは関係がありません。

アンサンブル部門Aの開催が決定した場合、11月,12月開催のツキイチアンサンブルを合奏練習にする予定です。従いまして、この期間の通常のツキイチアンサンブルは実施いたしませんのでご了承ください。
​ツキイチアンサンブルについての詳細はこちら

料金:

発表会エントリー料 10,000円(税込)

合奏練習参加費  1回2時間 3回分合計 10,000円(税込)


※​発表会エントリー料は複数の部門に参加しても同額です。

※こちらの部門は発表会エントリーをされた際、合奏練習参加費も合わせてお支払いいただきます。

※合奏練習に欠席、遅刻、早退されても練習参加費は一律です(返金等はございません)。​

アンサンブル部門 B(荻原との2重奏もしくはアンサンブル
アンサンブルB部門写真.jpeg

ソロにも興味があるけど、ひとりで舞台に上がる自信が今はまだない、という方は荻原との2重奏はいかがでしょう、という提案です。2重奏に限らず、ご友人複数名と荻原で3重奏や4重奏、トランペット以外の楽器も参加して金管アンサンブルやフレキシブルアンサンブルとしての参加も可能です。

[アンサンブル部門 B 概要]
 

持ち時間:1ステージ10分程度(予定)

※入退場等演奏以外の時間も含むため、演奏時間はおよそ7分程度と考えてください。

※時間内でしたら複数曲可、ジャンルは問いません。

※編成が大きくセッティングに時間を要する場合は考慮致します。

定員:5組程度
​※他部門のエントリー状況により定員が変化します。

 

​​曲目、編成:

参加者(参加団体)によって決定。ご相談は承ります。お気軽にお問合せフォームよりご連絡ください

ただし、荻原を含めた最大10名までの編成でお願いします。楽器編成はトランペット以外が含まれていても構いません​(荻原以外のトランペット奏者が必ず1名以上含まれていること)。その他の注意事項は下記参照。

エントリー条件

​※2名以上で参加される場合、エントリーは代表者が手続きを行なってください。
※参加者に荻原以外のトランペットの方が1名以上いらっしゃること。

レッスンの受講(10月以降に最低2回)

10月~1月(発表会前まで)の間に最低2回の、発表会に向けた荻原のレッスンを受講していただきます。音楽教室の生徒さんで2重奏を希望される方は定期レッスンを受けているのでこの限りではありません。

レッスンは原則として毎月複数回開催している「ツキイチレッスン」への参加をお願いします。ツキイチレッスンは1ヶ月に3〜4回、土曜か日曜、もしくは祝日に開催します。ツキイチレッスンの詳細やお申し込みについてはBASEにて承ります。ただし、6重奏以上の編成を考えていらっしゃる方は以下の注意事項をご覧ください。​

​※ピアノが含まれる編成で船本先生にご依頼される場合、12月17日(日)開催の公開リハーサル+ステージマナー講習会にも参加していただくことになります。詳しくはこちら。

​※1月の発表会前までの土日祝は6,7,8日しかなく、この3日間でツキイチレッスンが実施できるか未定です(10月11日以降にわかります)。したがいまして、実質的に10月から12月までの3ヶ月間の中でレッスンを2回以上受講すると考えておくとよろしいかと思います。早め早めのスケジュール調整をお願い致します。

アンサンブル部門 Bに関する注意点とお願い
 

[2名以上で参加の場合、エントリー手続きは代表者のみが行なってください]

2名以上で参加の場合、代表者の方(トランペットの方)のみエントリーの手続きを行なってください。ただし、代表者以外の方が他の部門に参加される場合は別途エントリーしていただくことになります。エントリー手続き後、メールにて編成や曲目についてご質問致します。

[6重奏以上をお考えの方]

通常のツキイチレッスンではスタジオの定員を超えてしまうため、大きいスタジオを利用している日(ツキイチアンサンブルと同日に開催している場合)は問題ありません。それ以外の場合は新たにレッスンの場所を確保する必要が出てくるため、スタジオ利用料を別途お支払いいただくか、皆様のほうで場所を確保していただくことになります。その場合、現地までの交通費を別途ご請求させていただくこともございますのでご了承ください

また、編成が大きい場合は特にですが、1回1時間のレッスンでは足りない可能性があります。その場合、1回のレッスンを120分にされることをおすすめ致します。

[編成に含まれる楽器について]

大型楽器、打楽器、電子楽器(電源を利用してアンプを別途接続するなどの音量バランス調整をする必要がある楽器)は原則不可とします。ただし小物打楽器やスネアドラム1台程度であれば可能です。搬出入(会場には専用の駐車場はございません)、管理、組み立て等に関しては主催側では一切責任を持てませんのでご了承ください。

楽曲について

基本的にどのような作品でも結構ですが、市販されていない楽曲の場合、著作権で編曲が不可のものや演奏に事前の許諾が必要な作品というものがあります(商業音楽に多い)。編曲や演奏が可能であるか、JASRACのJ-WIDという検索システムで事前に調べてください。わからない場合はできるだけ早い段階でご連絡ください。許諾に関する手続き等が必要な場合は出演者様側でお願い致します。

楽譜の購入はエントリーされた方のほうでお願い致します。ただし、荻原所蔵の楽譜は利用できます。

[10月以降のレッスン時にはある程度通せる状態になっていることが理想です]

参加者全員が事前に譜読みをしてください。これは、楽曲を完璧に演奏するという意味ではありません。演奏開始をしてから曲の最後まで楽譜を目で追うことができ、かつ音を出し続けられるという意味です。ひとりで練習するだけでは不安な方は毎月開催しておりますツキイチレッスンへのご参加もご検討ください。​ツキイチレッスンの詳細やお申し込みについてはBASEにて承ります。ツキイチレッスンは毎回、同時受講できる人数が変わりますのでご注意ください)。譜読みのお手伝いや、完成にたどり着くための奏法のレクチャーなどを致します。​

[重要:練習は原則全員参加でお願いします]

なかなか難しいことは承知の上ですが、参加されるメンバーは2回のレッスンともに全員参加でお願いします(遅刻、早退も不可)。どうしてもそれが難しい場合、1回の練習のみ1名だけ欠席は認めます(2回練習のうち最低でも1回の練習は全員が参加すること)。どうしてもこの期間に2回受講することが難しい場合、10月より前に1回受講しても結構ですが、できるだけそれは避けていただくようお願いします。

一般団体の吹奏楽やオーケストラ、アンサンブルなどでは全員が揃うことが難しいのは承知した上でのお願いです。ぜひ今の段階からスケジュールを調整して、全員でご参加ください。

これらに関してご相談やご質問がありましたら、お問合せフォームよりお願い致します。

料金:

発表会エントリー料 10,000円(税込)

ピアノを船本先生に依頼する場合 8,800円(税込)公開リハーサル参加費も含まれます

個人レッスン受講料  1回1時間 6,600円(税込)を最低2回(ただし編成によっては例外あり。上記参照)


※​発表会エントリー料は複数の部門に参加しても同額です。エントリーされたトランペットの方​1名がソロ部門やアンサンブル部門A,Cに出演することも可能です(それぞれのエントリー条件を満たすこと)。

​※エントリー条件の個人レッスンは原則「ツキイチレッスン」へのご参加をお願いします。こちらは別途参加者ご自身で受講日時を決定していただき、BASEにてお申し込みしていただきます。なお、ツキイチレッスンは1ヶ月に3〜4回、土曜か日曜、もしくは祝日に開催します。

※お申し込み時のご注意(2023.09.11変更)

ソロ部門Aとアンサンブル部門Bの2つに参加をお考えで、両方を船本先生にご依頼される場合、お申し込みページの「エントリー部門1つ目(選択必須)」では「ソロの部A:ピアニストを船本先生に依頼(公開リハに参加)¥8,800」を選択し、「エントリー部門2つ目」でも「アンサンブルの部B(ピアノを船本先生に依頼、公開リハに参加)¥8,800」を選択してください、船本先生への謝礼は部門ごとにお支払いいただきます。

アンサンブル部門 C団体として参加
アンサンブル部門 C.jpg

いつも一緒に練習しているメンバーや、吹奏楽団のトランペットパート、金管セクションでエントリーする、というのもアリだと思いました。メンバーの中に荻原のレッスンを受けたことがある方がいらっしゃるか、もしくは発表会に向けたレッスンを参加者全員で数回受けていただければ出演条件達成です。エントリーはトランペットに限らず、フレキシブル編成などどのようなものでもOKです(条件あり)。

[アンサンブル部門 C 概要]
 

持ち時間:1ステージ5〜15分程度(予定)

※入退場やセッティング等演奏以外の時間も含むため、演奏時間はおよそ最長10分程度と考えてください。

※時間内でしたら複数曲可、ジャンルは問いません。

定員:1〜2組程度
​※他部門のエントリー状況により定員が変化します。

 

​​曲目、編成:

参加者(参加団体)によって決定。ご相談は承ります。お気軽にお問合せフォームよりご連絡ください

編成は最大10名。楽器編成はトランペット以外が含まれていても構いません(トランペットが必ず含まれていること)。その他の注意事項は下記参照。

エントリー条件

※団体としてのエントリーになります。代表者のみ手続きを行なってください。
※参加者にトランペットの方が1名以上いらっしゃること。

レッスンの受講(10月以降に最低2回)

10月~1月(発表会前まで)の間に最低2回の、発表会に向けた荻原のレッスンを受講していただきます。

レッスンは原則として毎月複数回開催している「ツキイチレッスン」への参加をお願いします。なお、ツキイチレッスンは1ヶ月に3〜4回、土曜か日曜、もしくは祝日に開催します。ツキイチレッスンの詳細やお申し込みについてはBASEにて承ります。ただし、6重奏以上の編成を考えていらっしゃる方は以下の注意事項をご覧ください。​

​※1月の発表会前までの土日祝は6,7,8日しかなく、この3日間でツキイチレッスンが実施できるか未定です(10月11日以降にわかります)。したがいまして、実質的に10月から12月までの3ヶ月間の中でレッスンを2回以上受講すると考えておくとよろしいかと思います。早め早めのスケジュール調整をお願い致します。

アンサンブル部門 Cに関する注意点とお願い
 

エントリーは団体として行なってください

アンサンブル部門Cは団体としてエントリーします。代表者の方(トランペットの方)のみエントリーの手続きを行なってください。ただし、代表者以外の方が他の部門に参加される場合は別途エントリーしていただくことになります。エントリー手続き後、メールにて編成や曲目についてご質問致します。

[6重奏以上をお考えの方]

通常のツキイチレッスンではスタジオの定員を超えてしまうため、大きいスタジオを利用している日(ツキイチアンサンブルと同日に開催している場合)は問題ありません。それ以外の場合は新たにレッスンの場所を確保する必要が出てくるため、スタジオ利用料を別途お支払いいただくか、皆様のほうで場所を確保していただくことになります。その場合、レッスン料金は要相談、現地までの交通費を別途ご請求させていただきますのでご了承ください。

また、編成が大きい場合は特にですが、1回1時間のレッスンでは足りない可能性があります。その場合、1回のレッスンを120分にされることをおすすめ致します。2〜3時間程度のレッスンであればその日だけでエントリー条件達成でも結構です。

[編成に含まれる楽器について]

大型楽器、打楽器、電子楽器(電源を利用してアンプを別途接続するなどの音量バランス調整をする必要がある楽器)は原則不可とします。ただし小物打楽器やスネアドラム1台程度であれば可能です。搬出入(会場には専用の駐車場はございません)、管理、組み立て等に関しては主催側では一切責任を持てませんのでご了承ください。

楽曲について

基本的にどのような作品でも結構ですが、市販されていない楽曲の場合、著作権で編曲が不可のものや演奏に事前の許諾が必要な作品というものがあります(商業音楽に多い)。編曲や演奏が可能であるか、JASRACのJ-WIDという検索システムで事前に調べてください。わからない場合はできるだけ早い段階でご連絡ください。許諾に関する手続き等が必要な場合は出演者様側でお願い致します。

楽譜の購入はエントリーされた方のほうでお願い致します。ただし、荻原所蔵の楽譜は利用できます。

[10月以降のレッスン時にはある程度通せる状態になっていることが理想です]

参加者全員が事前に譜読みをしてください。これは、楽曲を完璧に演奏するという意味ではありません。演奏開始をしてから曲の最後まで楽譜を目で追うことができ、かつ音を出し続けられるという意味です。ひとりで練習するだけでは不安な方は毎月開催しておりますツキイチレッスンへのご参加もご検討ください。​ツキイチレッスンの詳細やお申し込みについてはBASEにて承ります。ツキイチレッスンは毎回、同時受講できる人数が変わりますのでご注意ください)。譜読みのお手伝いや、完成にたどり着くための奏法のレクチャーなどを致します。​

[重要:練習は原則全員参加でお願いします]

なかなか難しいことは承知の上ですが、参加されるメンバーは2回のレッスンともに全員参加でお願いします(遅刻、早退も不可)。どうしてもそれが難しい場合、1回の練習のみ1名だけ欠席は認めます(2回練習のうち最低でも1回の練習は全員が参加すること)。どうしてもこの期間に2回受講することが難しい場合、10月より前に1回受講しても結構ですが、できるだけそれは避けていただくようお願いします。

一般団体の吹奏楽やオーケストラ、アンサンブルなどでは全員が揃うことが難しいのは承知した上でのお願いです。ぜひ今の段階からスケジュールを調整して、全員でご参加ください。

これらに関してご相談やご質問がありましたら、お問合せフォームよりお願い致します。

料金:

発表会エントリー料 (団体として) 10,000円(税込)

レッスン受講料  1回1時間 6,600円(税込)を最低2回(ただし編成によっては例外あり。上記参照)


※​発表会エントリー料は複数の部門に参加しても同額です。エントリーされたトランペットの方1名がソロ部門やアンサンブル部門A,Bに出演することも可能です(それぞれのエントリー条件を満たすこと)。

​※エントリー条件のレッスンは原則「ツキイチレッスン」へのご参加をお願いします。こちらは別途参加者ご自身で受講日時を決定していただき、BASEにてお申し込みしていただきます。なお、ツキイチレッスンは1ヶ月に3〜4回、土曜か日曜、もしくは祝日に開催します。

​その他の出演(音大生、音大受験生部門)

音楽大学は毎年2月頃に年度末の実技試験があり、そこでソロを演奏しなければなりません。荻原自身も音大生の時は試験に向けて練習に励んでいました(多分)。僕のトランペットの師匠が毎年1月に門下生発表会を開催し、いくつもの音大の学生が舞台で演奏し、しかもそれを10名程の在京オーケストラのトランペットの奏者の先生方などに点数を付けていただき、さらに参加者全員の前で全順位を点数も含めて発表されるという緊張のイベントがありました。

荻原門下発表会では採点はしませんが、講師をしている東京音楽大学吹奏楽アカデミー専攻の学生が実技試験前に人前で演奏できる機会を用意したい、という考えが実はこの発表会を開催するきっかけのひとつでした。

​どうか厳しくも温かい目で演奏を見守ってあげてください。

[音大生、音大受験生部門 ]
講師をしている東京音楽大学吹奏楽アカデミー専攻の学生を中心に、音大受験生などが出演します。

個々のソロに加え、トランペットアンサンブルも演奏する予定です。​

​ゲスト演奏、講師演奏
tadenuma02.JPEG

サクソフォン:蓼沼雅紀 Masaki Tadenuma

 

東京音楽大学付属高等学校を経て東京音楽大学卒業。在学時、特待奨学金を得る。

ヤマハ新人演奏会、日本サクソフォーン協会新人演奏会、東京音楽大学新人演奏会に出演。

JILA音楽コンクール室内楽部門第1位。第28回日本管打楽器コンクール入選。ソロアルバム『The Moment』、『TADENIZE』をリリース。

2019年にはアメリカ・インディアナ大学に招かれ、マスタークラスとソロリサイタルを開催し好評を博すとともに、3枚目となるCDを同大学教授オーティス・マーフィー氏と共作した。

替え指の使用法を中心とした練習曲集「サクソフォーン運指のマジカル・エチュード」監修。

 

東京音楽大学、および付属高等学校講師。

[ゲスト演奏、講師演奏 ]
スペシャルゲストにサクソフォン奏者の蓼沼雅紀氏をお呼びします!蓼沼先生は東京音楽大学吹奏楽アカデミー専攻でも講師をされていて、指導者としても演奏者として​も素晴らしい方です。美しいサクソフォンの音色にぜひ耳を傾けてください

​蓼沼氏のソロと、荻原のトランペットとの2重奏を予定しております。

東京音楽大学吹奏楽アカデミー専攻のサックスパートによるアンサンブルの演奏もあります!詳細は決まり次第お知らせ致します!

  • オンラインレッスンはできますか?
    可能です。 ZOOMを利用したオンラインレッスンを実施しております。トランペットのレッスンだけでなく、楽典(音楽理論)に関するオンラインレッスンも実施しております。対面レッスンに遜色ないレッスンを極力心がけ、もし生徒さんが音出しができないご自宅でも十分意味のあるレッスンになるカリキュラム(超pp練習など)もご用意しております。 対面レッスン(東京都)にいらっしゃることが難しい遠方にお住まいの方にもぜひ荻原のレッスンを受けていただきたいと思っております。 オンラインレッスンに関してはこちらのページをご覧ください 直接お申し込みになる場合はこちら(BASEにリンクします)
  • トランペットを一度も吹いたことがありません
    問題ありません。 レッスンにいらしている方の中には、トランペットに一度も触れたことがなく始められた方もいらっしゃいます。 レッスンでは、楽器の扱い方やメンテナンスにはじまり、音の出る原理から実践へと、基礎中の基礎からもレッスンしますので、ご安心ください。トランペットは方法さえわかれば難しい楽器ではありません。 楽器をお持ちの場合、ツキイチレッスンにいらしてください。楽器をお持ちでない場合はプレスト音楽教室にいらしていただくと、備品楽器をご利用いただけます。
  • 楽譜が読めません
    問題ありません。 実はトランペットを始めた中学1年の頃、僕は楽譜が読めないまま演奏をしていました。楽譜が読めることと楽器から音を出せることはまったく別ですから、両方のスキルを同時にあげられるスタイルでレッスンを進めていきます。ご安心ください。 ぜひツキイチレッスンにいらしてください。
  • 楽器を持っていません
    プレスト音楽教室にはトランペットの備品が1台ございます(アメリカのメーカー「ブレッシング」) こちらを自由にご利用いただけますので、まずはこの楽器を使って、音を出すことを楽しんでください。 また、トランペットは試奏し、選定して購入するものですので、カタログや通販から購入せずに必ずご購入前にご連絡ください。楽器選定のお手伝いを致します。
  • 楽器を購入したいと思っています
    購入前に必ずご相談ください! ご自身の楽器を持つことは、練習意欲を高め、演奏レベルの向上につながります。 ただし、楽器は家電製品のようにカタログやネット通販、楽器店に展示してあるものをそのまま購入しません。必ず選定をして決めます。 ご購入前に必ずご相談ください。楽器店のご紹介や手配、ご予算やご希望を考慮し、生徒さんそれぞれのスタイルに合った楽器を選定致します。
  • 会社から直接レッスンに向かいたいのですが、楽器を持って来られません
    プレスト音楽教室でしたら備品楽器がありますので、マウスピースだけご持参くだればレッスン可能です。 アメリカ製のブレッシングというメーカーの備品楽器があり、ご利用いただけます。 また、教室にご自身の楽器を預ける、という方法もとれますので、ご相談ください
  • レッスンを受けられる時間帯を教えてください
    ツキイチレッスンは土日祝に開催しております。プレスト音楽教室は木曜、土曜、日曜の午前10時から21時まで行なっております。 まずはツキイチレッスンの開催日程をご確認ください
  • 土日しかレッスンができないのですが
    問題ありません 土日にレッスンをご希望でしたら、ツキイチレッスンが最適です。ツキイチレッスンは1ヶ月に複数回、土日祝の中で開催しておりますので、きっとご都合良い日程が見つかります。まずはツキイチレッスン開催日をこちらからご確認ください。 また、祝日を含む休日は吹奏楽部など外部への指導も可能です。トランペットパートレッスンはもちろんのこと、呼吸や音楽に対する考え方の講習や合奏指導も可能ですので、お問い合わせください。外部レッスンに関してはこちらをご覧ください。
  • レッスン時間や回数はどれくらいがベストですか?
    月1〜2回がお勧めです。 ツキイチレッスンは1回60分。1ヶ月に複数回開催しております。 レッスンの基本は課題を次回までに可能な範囲で練習してくることの繰り返しで、これが最も成長します。 ただ、お仕事や勉強で忙しい方にはそれが負担になるかもしれません。そうした場合は1ヶ月に1回を基本とされるのもよろしいかと思います。 ご自身の最も負担にならないサイクルでぜひ継続的な受講をしていただければ幸いです。 ツキイチレッスンの開催日や詳細、お申し込みはこちらからご覧いただけます
  • 毎月のレッスン日時はどう決めてるのですか?
    ツキイチレッスンは2ヶ月ほど先まで日程が決まっております。 ぜひこちらからご覧いただき、ご都合良い日時を見つけてください。 プレスト音楽教室の場合、毎月21日までに翌月のスケジュールをご提出していただき、およそ2,3日中に調整し、生徒さん全員に決定の日時をメールにてご連絡しております。
  • 今月忙しくてレッスンにいけなくなってしまいました。
    無理のないペースでいらしてください。 ツキイチレッスンの場合は、お申し込みをされた後のキャンセルによる返金や日時変更はできませんので、今月は忙しい、といった場合は翌月にスケジュール調整をしていらしてください。 ツキイチレッスンに関してはこちら プレスト音楽教室の場合は、例えば60分月2回でレッスンをされている方が、今月1回分を翌月にまわすことも可能です。 ただし、レッスン日の前々日(21:00以降)のキャンセルはレッスン1回分とみなし、カウントさせていただきます。
  • トランペットを始める年齢に制限はありますか?
    基本的にありませんが、歯についてご確認ください。 『中学生になったら吹奏楽部でトランペットを吹きたい!』という小学生の方や『昔憧れていたあの曲を吹けるようになりたい!』という大人の方など、一度ぜひレッスンにいらしてご希望をお聞かせください。 楽器をお持ちの場合はツキイチレッスンがオススメです。楽器をお持ちでない場合はまずはプレスト音楽教室にいらしてください。 ただし、トランペットを演奏するには「歯」、特に前歯が絶対に必要です。少なからず前歯には圧力をかけることになりますので、お子さんの場合乳歯でも吹けますが、永久歯に生え変わる間は歯並びに影響を与えかねませんし、音もきちんと出せません。持論ですが、永久歯に完全に生え変わった小学校中~高学年から始めるのが安定していて良いかと思います。 大人の方も入れ歯だったり歯茎が弱く、圧力をかけることがよくない場合、トランペットは吹けない可能性があります。 歯列矯正器具を表の面にされている場合も、演奏するためのマウスピース(唄口)を当てられず、痛みや出血を伴う可能性もございます。 また、年齢に関係なく、体の小さいお子さんの場合、楽器を構えるのが大変であったり難しい場合もございますので、ご心配な点がおありでしたら一度プレスト音楽教室にいらしていただき、実際にトランペットを吹いた上で確認されるのがよろしいかと思います。
  • レッスンはどのような進め方をしていますか?
    基本は『基礎力強化50%:音楽性の向上50%』ですが、生徒さんの最もやりたいことを最優先しております。 継続レッスンの場合、一番基本的なのが、 前半:教本を用いた基礎力の強化 ↓ 後半 Aパターン:吹奏楽やオーケストラに所属されている方は現在練習している作品 Bパターン:ソロ曲や2重奏で音楽的な表現力アップとアンサンブル力の強化 この流れでレッスンをしております。 生徒さんの中には、曲よりも基礎力を徹底的に強化したいという方もいらっしゃり、その場合は教則本だけで終える場合が多く、本番を直前に控えた方は全ての時間を曲についてレッスンすることもあります。いずれにせよ、生徒さんのご要望を最大限尊重したレッスンをしております。 ツキイチレッスンは単発参加型なので、継続的なレッスンを組むこともできますが、その時その時で解決したいこと、やってみたいことを提示していただき、そちらを優先させていただきます。 ツキイチレッスンの開催日程や詳細、お申し込みはこちら
  • レッスンではどのような教則本を使っていますか?
    受講される生徒さんのレベルを考慮することはもちろんですが、生徒さんの目的に併せて数種類の教則本を提案しています。 中でも使用頻度の高いのが、 ・アーバン金管教本…総合的に表現力を高めたい方 ・シュロスベルグ…リップスラーやハイノートを強化 ・ラーン・トゥ・プレイ...初心者におすすめ ・クラーク…フィンガリングや調号を強化 ・リップフレキシビリティーズ…徹底したリップスラー練習(上級者) ・コリン/100ウォームアップ...リップスラーを中心とした教本 ・アンブシュアビルダー...音程コントロールを目的とした基礎練習 ・コプラッシュ…フレージング、表現力の強化(上級者) ・ラーン・トゥ・プレイ...初心者向け ・その他、初心者向けの総合的な内容の教則本など 生徒さん自身が使用したい教本を持参されるパターンもあります。 また、簡単なソロ曲から、2重奏曲もいくつも用意しており、レッスン後半にはそういった楽譜を使用することも多いです。
  • コルネットでレッスンを受けても良いですか?
    問題ありません。 事前にご連絡いただければ荻原もコルネットを用意できる場合もございます。ただし、荻原はブリティッシュブラスの経験がありませんので、ご了承ください。
  • ジャズで演奏活動をしていますがレッスンはクラシックですか?
    クラシックですが大丈夫です。 僕はこれまでクラシック音楽の世界でトランペットを演奏してまいりました。ジャズといっても吹奏楽や金管アンサンブルでジャズ作品を取り上げ、ジャズ風に演奏した程度しかありません。ですので、例えばアドリブ奏法やジャズ理論に関してはレッスンすることはできません。 しかし、トランペットを吹く、という点に関してはすべてのジャンルに共通していることがほとんどであり、実際ジャズを演奏されている方がレッスンにたくさんいらっしゃっています。 音を出す原理やハイノートを出すための練習、クラシック音楽を学ぶことからジャズをより深く理解する、という様々なアプローチで皆さん練習に励んでいらっしゃいます。
  • レッスンは厳しいですか?
    楽しさから意欲を生み出すことが大切だと考えています 音楽の原点は演奏しているご自身が心から楽しむことです。しかしその楽しさは、ひとつの作品を演奏できるようになったり、難しかったテクニックが克服できたりしたときに感じる努力や工夫の先に待っている楽しさだと僕は思っています。 レッスンにいらしている方それぞれがトランペットを吹く目的が違いますから、生徒さん自身が楽しいと感じ、充実した時間を過ごせるよう努力していますが、何かしらの達成感や得るものを感じて欲しいとは思っています。そういった妥協しない意思を厳しさと言うならば、そうした要素もあるとは思いますが、できないことに対して怒鳴ったり、練習して来なかったら怒る(皆さんご都合がありますので)、なんて昭和のレッスンみたいなことは一切ございませんのでご安心ください。
  • どんなレッスンか知りたいです。
    まずはツキイチレッスンに一度いらしてください。 ツキイチレッスンは単発参加型です。一度ご参加いただいて、もし継続したい、もっと深く学びたいと思っていただけましたら、その後の開催日よりまたお申し込みください。ツキイチレッスンに関してはこちら
  • 練習ができないまま次のレッスンを迎えそうです
    まったく問題ありません。 お音楽をすること、トランペットを吹くことは仕事でもノルマでもなく、自分自身が好きだからやっていることです。優先すべきことは他にもたくさんある中で、時間をやりくりして練習をされているわけですから、レッスンまで一回も練習できなかったとしてもまったく気にする必要はありません。もし前回から課題が出ていたのにまったく練習できていなかったら正直におっしゃってください。一緒に譜読みをしていきましょう。
  • 練習ってしないとダメなのですか?
    レッスンは上達する時間ではありません。 レッスンを受けている最中、魔法にかかったようにみるみる上達してく、といったことはまずありません。 レッスンとは、知識や方法、目指す方向性を明確にする場であり、練習の成果を発揮し、フィードバックを受ける場です。 ですから、レッスン中に得た様々な情報を持ち帰り、それを元にあれこれ工夫をして自身のレベルを高めるために練習をする、というのが理想の流れです。したがって、レッスン以外に練習時間を設けることは上達するために必要不可欠である、と言えます。 そうでないと、レッスンのたびに同じことを言われてしまい「頭でわかっているのに実際にはできない」状態によるストレスを感じてしまうかもしれません。 しかし、お仕事やお勉強で忙しいとは思いますので、レッスンで得た知識のひとつだけ考えてみた、程度でも構いません。ご自身の無理のない範囲でゆっくり楽しく進めてください。
  • 音大・音高を目指しています(受験対策レッスン)
    ツキイチレッスンに継続的にご参加ください。 毎月複数回開催しておりますツキイチレッスンは、基本的には単発参加型レッスンですが、ツキイチレッスンを利用して最低でも受験が終わるまで1ヶ月に2回程度の実技レッスンを継続的に受講してください。楽典レッスンやソルフェージュレッスンも同様にツキイチレッスンにて受講ができます。 音大・音高受験対策レッスンは高額になることが一般的に多いのですが、ツキイチレッスンはどのような方も一律6,600円(税込)です。値段が安いからと言って内容が浅いわけではありません。東京音大講師の荻原明が受験に向けた質の高いレッスンを保証いたします。 ツキイチレッスンの開催日、詳細、お申し込みはこちらからお願いいたします
bottom of page