1502014のコピー.png

日曜日午前11:00開催

超初級!楽典オンライン講習会

koysyu2021Gakuten2.png

じっくり、ゆっくり、丁寧に解説します。

2020年6月から半年間で全14回のオンライン講習会を開催致しまして、多くの方にご参加いただき、新しい可能性を感じました。

そして今年は、トランペット講習会と同時開催で、楽譜の基礎理論を学ぶ「楽典講習会」を行います!

「超初級!」とタイトルにあるように楽譜を読むことが苦手な方でも理解していただけるよう、できるだけゆっくりじっくり最も大切な部分を解説してまいります。質問があればその場で声やチャットで聞くことができ、一方通行な講習会にはなりません。
また、楽典はどうしても知識を得るところでストップしがちですが、それらが実際の演奏とどのように関わっていくのか、なぜ楽典が大切で必要だと多くの人が言うのか、そうしたお話を交えて進行します。

今回もすべての講習会の様子を録画し、リアルタイムでご参加くださった皆様※と、フリーパスをご購入くださった皆様へはもれなくアーカイブ視聴用URLをお送りし、何度でも復習できるように致します。もちろん、アーカイブのみのご購入も可能です。

昨年は時代にそぐわず銀行振込でしかお支払いできずご面倒をおかけしたことを反省し、今年は様々なお支払い方法ができるように致しました。

 

ということで、大変実践的な「超初級!楽典オンライン」にぜひご参加ください!

 

今回はトランペットについてお話するトランペットオンライン講習会」とは分けての開催です。こちらもよろしければご参加ください。

※Peatixにて単発購入をした下さった皆様へはその回のアーカイブ視聴用URLとパスを講習会後にメールにてお送り致します。

 

オンライン講習会2021は各回が終了するごとにアーカイブをBASEにて販売いたします。見逃してしまった方もこちらでフルバージョンをご覧いただけますのでぜひご覧ください!

「超初級!楽典オンライン講習会」日曜午前11:00開催

期間:2021年4月11日(日)より10月10日(日)で全10回(開催日や内容は以下の詳細ページへ)

時間:午前11:00-12:00予定(最長で12:30まで)

※7月18日開催第6回講習会のみ開始時間を11:30とさせていただきます。ご了承ください。 

参加費:1回 1,320円(税込)/フリーパス 11,880円(税込)※フリーパスは一回分お得です。

講師:荻原明(トランペット奏者、東京音楽大学吹奏楽アカデミー専攻講師、プレスト音楽教室講師)

参加方法

ZOOMによる開催。スマートフォンやPCなどカメラ機能のある通信機器とWi-Fiなどの通信環境が必要です。

購入方法

フリーパスとアーカイブはBASEにて販売(こちらをクリック)

これから開催する回の単発購入はPeatixにて販売します(詳細ページにて各回リンクをしております)

​▶︎BASEのお支払い方法はこちら

▶︎Peatixのお支払い方法はこちら

※フリーパスをご購入の方は参加のできるできないに関わらず、すべての回のURLとミーティングID、パスコードを開催2日前にお申し込み時にご入力いただいたメールアドレス宛にお送りし、それぞれの回終了後の翌日を目安にアーカイブにアクセスするURLとパスをお送り致します。万が一メールが届かない場合は当サイトトップページ最下段にございますメールフォームよりその旨をご連絡ください。

​※Peatixでの単発購入の方は、当日のご参加までの流れについてこちらをご確認ください。​なお、講習会のアーカイブ視聴用URLやパスを購入時に入力されたメールアドレス宛に後日お送り致します。

各講習会の詳細

第1回:4月11日(日)『五線と音部記号、移調楽器と移高楽器』(アーカイブ配信中)


五線に音符が書かれると音の高さが決まります。しかし、ト音記号など記載された音部記号によって、五線の同じところに書かれてある音符も、高さが変化します。また、管楽器の世界では「実音」という言葉が多く使われますが、どのようなものなのでしょうか。今回は音の高さと楽譜の関係についてのお話です。移調楽器と移高楽器についても簡単にお話しします。 アーカイブご視聴方法: BASEにてアーカイブ視聴権をご購入いただけます。 -- リアルタイム開催終了後もフリーパスのほうがお得です!
全ての回に参加でき、全てのアーカイブも見られる1回分お得なフリーパスはBASEにてお求めいただけます。リアルタイム終了後でも単発購入よりもこちらのほうがお得になります。




第2回:5月2日(日)『拍子と小節線、テンポ、楽譜の読み進め方』(アーカイブ配信中)


拍子が変われば音楽の捉え方はまったく変わります。テンポが変われば同じ拍子でもまったく違う音楽になります。演奏する上で拍子を理解し、テンポを決定することは不可欠ですが、では具体的にどのように捉え、決定していけば良いのでしょうか。今回はダル・セーニョやコーダ、繰り返し記号などが書かれた迷子になりやすい楽譜を読む際の工夫も合わせてお話します。 アーカイブご視聴方法: BASEにてアーカイブ視聴権をご購入いただけます -- リアルタイム開催終了後もフリーパスのほうがお得です!
全ての回に参加でき、全てのアーカイブも見られる1回分お得なフリーパスはBASEにてお求めいただけます。リアルタイム終了後でも単発購入よりもこちらのほうがお得になります。




第3回:5月23日(日)『音名』(アーカイブ配信中)


ドレミファソ、これ何語ですか?音にはそれぞれ名前が付いています。名前ですから、国が変わればその呼び方も変わります。今回はそうした「音名」についてのお話です。指揮者や奏者同士で確認する時、音名を理解しておく必要もありますので、この回で覚えてしまいましょう! アーカイブご視聴方法: BASEにてアーカイブ視聴権をご購入いただけます -- リアルタイム開催終了後もフリーパスのほうがお得です!
全ての回に参加でき、全てのアーカイブも見られる1回分お得なフリーパスはBASEにてお求めいただけます。リアルタイム終了後でも単発購入よりもこちらのほうがお得になります




第4回:6月13日(日)『ピッチと音程』(アーカイブ配信中)


楽器から音を出してチューナーで確認。その時「音程が合っている/合っていない」と言う方、いらっしゃいませんか?残念ながらこの日本語は間違っています!この回ではピッチとは何か、音程とは何か、そして演奏する上で非常に大切な「音程感」についても詳しく解説します。 アーカイブご視聴方法: BASEにてアーカイブ視聴権をご購入いただけます。 -- リアルタイム開催終了後もフリーパスのほうがお得です!
全ての回に参加でき、全てのアーカイブも見られる1回分お得なフリーパスはBASEにてお求めいただけます。リアルタイム終了後でも単発購入よりもこちらのほうがお得になります。




第5回:7月4日(日)『調と音階 1(長調)』(アーカイブ配信中)


ロングトーン、基礎練習、そこには常に「音階」がつきまといます。それだけ音階は重要な存在である…とはわかっていても、あのフラットやシャープがたくさんついているのとか、いくつもいくつ もある音階の種類を覚えるのは面倒という方、多いと思います。まずは音階の仕組みを理解するところから始めましょう。この回では「長調」に限定してお話します。 アーカイブご視聴方法 BASEにてアーカイブ視聴権をご購入いただけます -- リアルタイム開催終了後もフリーパスのほうがお得です!
全ての回に参加でき、全てのアーカイブも見られる1回分お得なフリーパスはBASEにてお求めいただけます。リアルタイム終了後でも単発購入よりもこちらのほうがお得になります




第6回:7月18日(日)『調と音階 2(短調)』(アーカイブ配信中)


第5回での長調の解説を元に短調について解説します。長調に比べるとどうしても馴染みの浅い短調の音階ですが、楽曲の出現率は大変多いです。ぜひこの回で短調にも慣れて、練習に取り入れられるようにしましょう。 講習会の最後には、音階の元になった教会旋法や日本の音階など様々な音階についても紹介しています。 アーカイブご視聴方法 BASEにてアーカイブ視聴権をご購入いただけます -- リアルタイム開催終了後もフリーパスのほうがお得です!
全ての回に参加でき、全てのアーカイブも見られる1回分お得なフリーパスはBASEにてお求めいただけます。リアルタイム終了後でも単発購入よりもこちらのほうがお得になります




第7回:8月8日(日)『和音と和声』


音楽の三要素は「リズム」「メロディ」「ハーモニー」です。ご存知でしたか?同時に音が鳴ることで生まれる和音(ハーモニー)はこのように音楽に不可欠な存在です。今回はその和音の中でも最も基礎的で最も重要な部分のみをピックアップして解説し、さらに和音から和音へと流れる「和声(いわゆるコード進行)」についても解説します。 ※この回の講習会はこれまでに解説した「音階」「調」が頭に入っているとより深くご理解が得られると思います。第5回「調と音階 1(長調)」と第6回「調と音階 2(短調)」を事前にご覧いただくことをおすすめいたします。 チケットのご購入方法: この回の単発チケットはPeatixにて販売しております。 フリーパス:全ての回に参加でき、全てのアーカイブも見られる1回分お得なフリーパスはBASEにてお求めいただけます。




第8回:8月29日(日)『in B♭ ~実音と移調譜~』


吹奏楽のトランペットのパート譜には「in B♭」という表記があります。この表記があった場合、楽譜に書かれた音の高さと実際に聴こえてくる音の高さが異なる、というところまではご存知の方もいらっしゃると思いますが、それでは具体的にどのように理解すれば良いのでしょうか。「実音」と「移調譜」の関係が理解できると、吹奏楽やオーケストラのスコア(指揮者が見ている全てのパートが書かれた楽譜)が少しずつ読めるようになります。 ※この回の講習会はこれまでに解説した「音程」と「調」の知識が必要になりますので、第4回「ピッチと音程」、第5回「調と音階 1(長調)」と第6回「調と音階 2(短調)」を復習していただけるとより深い理解が得られると思います。 チケットのご購入方法: この回の単発チケットはPeatixにて販売しております。 フリーパス:全ての回に参加でき、全てのアーカイブも見られる1回分お得なフリーパスはBASEにてお求めいただけます。




第9回:9月19日(日)『楽語と記号』


楽譜には音符以外にもたくさんの文字(楽語)や記号が書かれています。これらについての知識を持っていることは、より深く作品を知り、演奏するためにも大切なことです。この回では、時間の許す限り楽語と記号についての意味、そして演奏する上での留意点を解説してまいります。 チケットのご購入方法: この回の単発チケットはPeatixにて販売しております。 フリーパス:全ての回に参加でき、全てのアーカイブも見られる1回分お得なフリーパスはBASEにてお求めいただけます。




第10回:10月10日(日)『楽譜への書き込み/手書き譜の書き方/質疑応答』


指揮者や指導者からの変更点、アドバイスを楽譜に書き込むことはとても多いです。また、ちょっとしたメモなどで楽譜を手で書く機会も意外にあります。今回は楽典というよりも実用性の高い講習会です。 そしてこれまで全ての回に関する事前にいただいた質問やリアルタイムでのご質問を受け付け、2021年の楽典講習会の総括にしたいと思います。 チケットのご購入方法: この回の単発チケットはPeatixにて販売しております。 フリーパス:全ての回に参加でき、全てのアーカイブも見られる1回分お得なフリーパスはBASEにてお求めいただけます。





お願い

・本講習会は一旦お申し込みいただいた回についてのキャンセル、返金はできません。当日何らかの事情でリアルタイム参加ができない場合は、開催翌日以降にアーカイブの視聴権をお渡ししますので、そちらをご覧ください。

・本講習会のスクリーンショットを含む写真撮影、録画、録音行為、内容を書き起こすなどしてSNS等、不特定多数の人が見られる所への掲載、配信行為はご遠慮ください。

・リアルタイムのご参加は1アカウント1名でお願いします(画面上に複数名がいらっしゃる状態はご遠慮ください)。

・アーカイブはご購入者が視聴する目的で権利をお渡ししております。視聴URLやパスの譲渡、転売、共有はご遠慮ください。

・配信は最善の準備と確認をして行いますが、通信トラブルや一時的な画像や音声の停止、乱れなどにより一時中断が発生する可能性がございます。講習会は60分を目安に終了する予定ですが、トラブルによる対処を目的として最長30分の延長時間を確保しております。ご了承ください。

・お客様側の通信トラブル等に関しては一切責任を負いかねます。

​・本講習会を視聴するための通信料に関してはお客様側のご負担とさせていただきます。

・ZOOM、Peatix、BASEに関する使い方の個別のご質問はご遠慮ください。​

・開催日は変更になる可能性がございます。ご了承ください。

ご質問、お問い合わせはトップページ最下段にございますフォームよりお願い致します。

「トランペットオンライン講習会2021」も同時開催!(土曜日18:00)

期間:2021年4月3日(土)より10月23日(土)で全11回(開催日や内容は詳細ページへ

時間:18:00-19:00予定(最長で19:30まで) 

参加費:1回 1,320円(税込)/フリーパス 13,200円(税込)※フリーパスは一回分お得です。

講師:荻原明(トランペット奏者、東京音楽大学吹奏楽アカデミー専攻講師、プレスト音楽教室講師)

参加方法

ZOOMによる開催。スマートフォンやPCなどカメラ機能のある通信機器とWi-Fiなどの通信環境が必要です。

購入方法

フリーパスとアーカイブはBASEにて販売(こちらをクリック)

これから開催する回の単発購入はPeatixにて販売します(詳細ページにて各回リンクをしております)

※フリーパスをご購入の方は参加のできるできないに関わらず、すべての回のURLとミーティングID、パスコードを開催2日前にお申し込み時にご入力いただいたメールアドレス宛にお送りし、それぞれの回終了後の翌日を目安にアーカイブにアクセスするURLとパスをお送り致します。万が一メールが届かない場合は当サイトトップページ最下段にございますメールフォームよりその旨をご連絡ください。

​※Peatixでの単発購入の方は、当日のご参加までの流れについてこちらをご確認ください。​なお、講習会のアーカイブ視聴用URLやパスを購入時に入力されたメールアドレス宛に後日お送り致します。

​お知らせ:第5回トランペットオンライン講習会の開催日程が6/26から7/3に変更になりました。

koysyu2021Trumpet.png

ZOOMアプリについて

「トランペット何でも相談室」はオンラインミーティングアプリ「ZOOM」にて行います。今まで使ったことがない方や、使い慣れていない方はご参考になさってください。なお、ZOOMはバージョンアップ、仕様変更が激しいため、こちらに記載している内容や表示が予告なく変更になっている場合がございます。あらかじめご了承ください。

zoom-1.png

1.通信機器と環境

575297.png

通信環境が安定し(Wi-Fi環境推奨)、カメラ機能が搭載されたPC、タブレット、スマートフォンなどをご用意ください。

環境によってはマイク付きイヤホンなどをご用意されると聞きやすい場合もございます。

2.ZOOMのインストール

440122.png

用意した通信機器にZOOMをインストールします。

[PCの場合]

ZOOMダウンロードセンター内「ミーティング用Zoomクライアント」をダウンロードします。

[スマートフォン/タブレットの場合]

アプリをダウンロードします。

iOSはこちら

​Androidはこちら

3.ミーティングに参加する

20200411072832445.png
202004110726325111.png
IMG_6571.jpeg
IMG_6572.jpeg

ミーティング(講習会)に参加する方法は2つあります。

1.届いたURLにアクセスする

​開催時間になりましたら事前に届いているURLにアクセスしてください。

※ZOOMに参加するPCや端末であればこの方法が最も簡単です。

※「このミーティングをホストが開始するまで待機しています」などの表示がされている場合は、そのままお待ちください。なお、入場は10分前からできるようにいたします。

​パスワードを求められた場合はURLと合わせて届いているミーティングIDやパスワードを入力してください。

2.手入力で入室する

[PCの場合]

アプリを立ち上げて「参加」をクリックし、次の画面で「会議ID」を入力して参加します。

[スマートフォン/タブレットの場合]

アプリを立ち上げて「参加」をタップし、「ミーティングID」と、必要であればお名前(ハンドルネーム)を入力して「参加」をタップします。パスコードを求められましたらURLなどと合わせて届いたものを入力してください。

※開始5分前になりましたら順次入室許可をしますので、待機状態になっていましたらそのままお待ちください。

​※ここでの「オーディオ」とは、音声のことを指します。質問される際必要ですので、必ずオーディオに接続した状態で入室してください。

いずれにせよ、事前に一度テスト接続をされることをおすすめいたします

ZOOMアプリや接続に関するテクニカルなアドバイスはしておりません。なお、お客様側の通信トラブルの場合は一切責任を負いませんのでご了承ください。

​その他

online01.jpeg

[自分の顔が映らない/映ってしまう]

できるだけ皆様のお顔を見ながらお話しを進めていきたいとは思っておりますが、どうしても表示したくない場合は、PCの場合はミーティングウインドウにマウスカーソルを入れると表示されるコントロールパネルの中に「ビデオの開始」というアイコンがありますので、それをクリックしてください。

スマートフォンなどの場合は画面を一度タップすると同じようにコントロールパネルが表示されます。

部屋の中を見られたくない場合は自分だけを表示する機能「バーチャル背景」がございますので、お試しください。

[質問をされる時以外はミュートをしてください]

ZOOMは最初に出した声や音のユーザーを優先的にスピーカーに乗せる設定になっているため、生活音などがマイクに入ると荻原の声がきちんと皆様に届かなくなります。そのため、質問をされる時以外はミュート状態にさせていただきます(こちらで操作します)。

​ミュートのオンオフは先ほどの「ビデオの開始」のすぐ横にあります。

また、ZOOMには「チャット」機能があります。チャットはいつでも入力していただいて構いませんが、皆さんで共有して考えたり意見交換ができるので参加者全員に表示するよう「宛先:皆様」に設定してください。PCの場合は画面にカーソルを合わせると現れるメニューバーの中にあると思います。また、スマートフォンやタブレットの場合はメニューバーの「詳細」をタップするとその中にチャットがあると思います。

質問をしたいのに気づかれない場合は「手を挙げる」機能を使ってください。スマートフォン、タブレットの場合はこちらも「詳細」にあると思います。PCの場合はメニューバー内「参加者」をクリックすると表示されるサイド画面の中にあると思います。